頼りになる道具

そういえば、とあるお店のクリスマスセールでこんな機械を買いましたよ。

d0101724_17303499.jpg


バンドソー(Rexon,BS-10K2)と呼ばれるもので、木材を切断する機械なんです。
本体内部の上下に設置された大きな車輪2つにバンド状のノコギリがセットされて、くるくる回る仕組みですよ。糸鋸と違って刃が上下しないので材料が暴れる心配がなく、丸太のような丸い素材も切れちゃうと言う訳です。

ずーっと欲しいなと思っていましたが、生丸太が大量に手に入るようになったのを機会に思い切って買ってしまいました。

d0101724_17535634.jpg


このように、栗の丸太を板状に製材出来ちゃうんです。あんまり大きな材料は加工出来ないけど、器くらいの材料なら簡単に木取りできますよ!

それにこの機種は、いわゆるアマチュア木工家の間でも良く研究された機種で、改造方法やテクニックなども詳しく紹介されているのです。

d0101724_1758523.jpg

バンドソーの最大の問題はダストに尽きます。ノーマルのまま使うと微細な粉塵が大量に発生します(泣)もちろんこれを解消する方法も様々考案されており、自分も様々なテクニックをまねさせて頂くことで家の中でも快適に作業が出来ています。でも、上の写真に示した方法、たぶんこれはオリジナルの対策だと思うのですが、ボディケースをスポンジの隙間テープで縁取りする方法です。これによって本体の気密性が高まり、集塵機と組み合わせると粉塵は激減しますよ。もしもブログを見ているオーナーさんがいたら是非とも試してみて欲しいところです。

d0101724_186264.jpg


巧く調整すると、木材もこんなに薄く加工することができます。もちろん、やればやる程、機械のコツもわかり、もっと高精度の加工が出来そうです。

d0101724_1873268.jpg

早速、バンドソーを利用してプレゼントに最適なブックマーカーを作ってみましたよ。
切断面は荒れているので一枚一枚手ヤスリで平面にしなきゃなりませんが、全て手作業ではこんなに薄く沢山は作れません、頼りになる機械です。
[PR]
by hanamamet | 2009-02-18 19:14 | 高尾とクラフト生活 | Comments(0)


<< もくもくこつこつ 季節はずれの週末 >>