2009年 12月 02日 ( 1 )

異空間の気分

先月末は、またまたあきる野市の深沢小さな美術館に行って来ました。ここは美術館とカフェスペースがあり、美術館内部は人形作家 友永詔三氏の作品が展示されております。展示と言うよりは壁も床も空気も全て含めて友永氏の世界と言うに相応しく、まさに非日常の異空間に居る感じです。美術館内部は写真が撮れないので紹介できず残念です。
そしてこちらはカフェスペース。
d0101724_1818173.jpg
d0101724_18182468.jpg

どうですか?カフェスペースだけでも充分、魅力が伝わりますよね。この石積みの壁も、テーブルも椅子も全て友永さんの作品です。色んな物を集めたようなカフェとは違い、完全に統一された世界観から生まれる雰囲気は、驚きと深い安堵感を同時に与えてくれます。車でも行けますが、是非、武蔵五日市駅からあきる野市の自然を堪能しながら、散歩して行く事をお勧めしますよ。

さて、私達の住まい高尾も自然一杯ですが、そうは言っても住宅街すまいのサラリーマン、生活スタイルは皆画一してしまうのも仕方有りません。そんな訳で、生活の中に「非日常」を取り入れ、メリハリのある生活をしたいな〜と思っているのです。薪ストーブも小屋もそんな気持ちの結晶なんです。

先週は同僚が焼肉しに来てくれるということで、彫刻をしながら(写真左)、ダッチオーブン用に枝でトライポッドを組みました(写真右)。
d0101724_1854143.jpg

これ、なんで早く作らなかったかなぁ、と後悔するほど、便利だし雰囲気もなかなかです。
たぶん住宅街で焚火なんか出来ないから、想像もしていなかったのですが、炭を使えば良いんですよね。百均の焼き網を下に引き、河原で拾った石で回りを囲むだけ。

d0101724_1945956.jpg

恒例の焼き肉風景、冬だけど15人も集まれば気分はあったかですよ。
d0101724_199829.jpg

トライポットで煮込んだトマト鍋は格別! 冬こそ旨いダッチオーブンの煮込みにハマりそうです。
[PR]
by hanamamet | 2009-12-02 19:11 | 高尾とクラフト生活 | Comments(3)