カテゴリ:木のマグ( 27 )

安曇野でワークショップ。

こんにちは。
d0101724_16575203.jpg
安曇野へ行ってきました^^
いつもお世話になっているアトリエsoraさんで木のマグワークショップを開催しました。
7人のお客さまにご参加頂き、今回も黙々と、そして完成後には美味しいコーヒーとパンを頂き、みなさんとっても幸せそうに頂いている姿を見れてホッと一安心しました^^
d0101724_16581517.jpg
d0101724_17232123.jpeg
5月は外でやりましたが、11月はさすがに寒いのでsoraさんの工房にて行いました^^
あんことだいずも静かに見守っていましたよ〜^^

安曇野では、ゆっくりと温泉に入って、soraさんファミリーと夜の楽しい時間も過ごし、最高のお天気で最高の景気を満喫して、もっともっといたいね。と言いながら帰ってきました^^
また行ける日が楽しみです^^
次は5月かな?また告知しますので、よろしくお願いします^^





[PR]
by hanamamet | 2016-11-18 17:25 | 木のマグ | Comments(0)

木のマグ こつこつ追加

「木のマグ」今月も少しずつ出来てきました。塗装と水研ぎを何度も繰り返すので、だいたいデビュー2週間前くらいにはマグの形が出来ていないといけません。
d0101724_185320100.jpg
この写真はほぼ完成のマグ達、サクラ、クス、カシなど樹種によって表情ももった感じも全然違います。

d0101724_18561889.jpg

こちらはマグになる事を夢見て、シーズニングしている荒削りのマグ候補生。乾燥とともに割れたり、さらに彫り込むと穴があいてたりする事があるので、荒削りのマグが沢山あるとマグ作りは安心します。
ちょっと削ってはまた乾燥させて様子をみたり、治せる割れだったら修正したりと、効率的な作業ではありませんが、カチカチと作り込まないことでhanamame独自のゆるい感じが出ているのでは?

d0101724_1941652.jpg

うちのユルキャラあんこ、きょうも背中にのっています。
[PR]
by hanamamet | 2012-07-06 21:30 | 木のマグ | Comments(0)

木の器

d0101724_18401990.jpg

お知らせです。このブログで紹介していた今年3月の取材。ついに発売日が決まりました〜!
d0101724_18432524.jpg

西川栄明さん編の「手づくり◯◯」シリーズの第三弾、amazonにも乗っています。
まだ中身(写真)を見ていないので私達もとても楽しみ。hanamameの作品としては木のマグを中心に取り上げてもらいました。すんばらしい作家さん達に挟まれて恐縮ですが、是非見て頂きたい本です
d0101724_1848478.jpg

あんこも大活躍!
[PR]
by hanamamet | 2012-06-29 18:50 | 木のマグ | Comments(2)

工房 快適化

hanamame工房は自宅内に作業場を設けているので集塵は結構大事な要素。5年前に1HPの集塵機を購入し、ころころ引っ張りながら作業機械に移動して集塵機を回していました。
集塵のパワー不足も感じるようになっていたし、木屑の目詰まりをとるのも面倒、5年も我慢したので思い切ってカートリッジ式のフィルターへバージョンアップしました!!
d0101724_18563526.jpg

before
d0101724_1857232.jpg

after
そしたら見違えるような集塵力!大袈裟ですが新しい機械にした感覚です!
早く買っとけばよかった〜〜。作品作りのスピードが上がる訳ではありませんが、気持良い作業環境になれば良い作品が生まれるかも。
今さらですがカートリッジフィルターお勧めです。
d0101724_1944072.jpg

[PR]
by hanamamet | 2012-06-27 19:04 | 木のマグ | Comments(0)

いろいろ変わる

昨日は季節外れの台風、
さて、hanamameのうちには薪ストーブがありますが、薪にする丸太などを調達させていただいてた会社が店じまいすることになりました。都内で枝打ちされた街路樹や団地造成などの伐採林、里山の間伐材を集めてリサイクルする会社でした。小さいながらも地元で声に出すような大袈裟なものではなけれど自然のカーボンリサイクルができていた貴重な場所のように感じます。丸太の魅力に気付いたのも、様々な出会いをさせてもらったのもこの会社のおかげ、長い間お疲れ様でした。
そして、私はその会社からチェンソーやハシゴを譲って頂きました。これから大切に使わせて頂こうと思います。
d0101724_19155090.jpg


今月は手創り市が中止でしたので、販売サイト「iichi」の方に数点アップさせて頂きました。また来月に向けて製作製作です。出品予定だったクリモノを数点紹介します。上が彫り込んだミニ皿、何に使うかは自由です、アクセサリー置き場にちょうどよいです。 下はコーヒーメジャースプーン。
d0101724_1920244.jpg
d0101724_19195642.jpg


最後はいつものあんこ写真。無印のビーズクッション(大)におしっこをかけて完全に占領しました。うとうと顔のあんこですが、最近はねると直ぐに白目を剥いてしまいます。
d0101724_19405281.jpg
d0101724_19404013.jpg

[PR]
by hanamamet | 2012-06-20 21:38 | 木のマグ | Comments(0)

woodfast M910

今週末もあんことお出かけ、軽トラに乗っているときはこの姿勢。いろんなフレブル見てますが、どの犬よりもマッチョ、筋肉もりもり。ハンドルでも回している気になっているのでしょうか。
現地につくなり山や階段をグングンを登ります。
d0101724_1927913.jpg


向かった先は、最近新しい旋盤を導入した須田二郎プロ、やっぱり職人と名機のショットは様になりますね。300キロもある機械をおもちゃのようにいじくっています。これからより使えるマシンへと改良していくそうです。色々アドバイスと刺激を受け、単純な私は帰宅してから直ぐに、ホリホリ一生懸命彫りました。

d0101724_19332181.jpg


ハト発見!! ハトや鳥に超敏感な振り向きあんこでした。
d0101724_19341990.jpg

[PR]
by hanamamet | 2012-05-14 19:36 | 木のマグ | Comments(0)

頭隠して尻隠さず

GWの天気はなにかと不安定でしたが、これからもっと暖かくなってビールの美味しい季節になりますね。ってことでビールに適した大きいカップを作ろうと一年前くらいに木取りした材料を引っ張りだしてきました。
d0101724_1932476.jpg


これくらいの大きさだと乾燥には時間がかかり、一年でも中は湿っています。
割れが走っている両端は小物の作成につかって、木のマグに使えるのは中心の二個くらいかな。
さーて、ノミを振るうか!と思った矢先、、

d0101724_1935718.jpg

愛用のゴムハンマーの頭がぼっきり、、、折れました。替えのハンマーなど考えてもいなかったので、作業中止で気持ちも折れました。。。かわりに旋盤をぶんぶん回しました。
製作活動も年を重ねるごとに、いろいろなものがへたったり壊れたり、それが使い倒した気がして嬉しかったり、、、

d0101724_19371521.jpg

頭が折れたのはハンマーですが、頭だけかくしてお尻を隠し忘れているのあんこくん。
大好物の骨を渡したら、とられまいと小屋に入ろうとしたけど、待ちきれずに中途半端な位置で骨をがりがり、野生本能も中途半端なわんこでした。
[PR]
by hanamamet | 2012-05-07 21:29 | 木のマグ | Comments(0)

いろいろやってみよう 小さな試み

今日もコツコツ木のマグカップ作りです。月の前半がマグ作り、後半がポットとスプーン等の小物作りっていうパターンが決まってきました。あとは限られた時間でいかに素早く作り上げるかの追求ですね。効率だけを重視するとそれなりの形になってしまうから、やはりひと工夫が必要です。

d0101724_1863047.jpg

いま取り組んでいる試み、半生の木で一気に8割くらいまで仕上げる方法です。

d0101724_1894949.jpg

始めに、木工旋盤で内側をざっくりとくり抜き、完成時の肉厚になるまで外側を彫り込みます。
ここまですると、今はまん丸ですが、乾燥とともに自然のゆがみが出てきて、味わい深い形になるのです。既に何個も挑戦しているのですが、ようやく製作のコツがつかめてきました。
半生の木はいつでもある訳では無いので全ての作品に使えない手法ですが、色んな材料に対して複数の手法を持っている方が、一期一会の木片を無駄にしないで済みます。

d0101724_1825106.jpg

あんこも挑戦の日々です。週末のスタバ屋外カフェにて、果敢にじゅんころからつまみ食いをおねだりしますが、、、さすがにケーキは駄目!っていうことで。
d0101724_18264972.jpg

ふんっ、とフテ顔のあんこ。本当に分かりやすい表情するね。

d0101724_182822100.jpg

一足遅かった高尾の桜もそろそろ終わりそうです。お昼寝が気持ちいい季節です。
[PR]
by hanamamet | 2012-04-23 21:52 | 木のマグ | Comments(0)

薪ストーブと木工

d0101724_18403213.jpg


桜満開、春ですね〜。とは言いつつ夜は結構寒かったりして、まだ薪ストーブ焚いています。
近頃の週末は天気が悪くて、薪と材料を兼ねて収集している丸太の整理が進んでいません。

d0101724_1841650.jpg

まぁ、ゆっくりやれば良いのですが、パカッと割ってみたら、これでボウルが!これでスプーンが!頑張ればマグも作れるかも!なんてやっていたら全然進まないのです。。。。

d0101724_18425359.jpg

薪割りは程々にして、須田プロの工房で旋盤の練習をさせて頂きました。今日はビーダンツールとスキューの使い方。手こずりましたが実際に見ると言葉にできないコツが分かります。分かった気になって気を抜いたら、見事なキャッチ! 恥ずかし〜と思いながらの記念撮影です。
ちなみに私が丸棒からコマを一個作る間に須田プロは40センチくらいのサラダボウルを完成させていました(笑)
その夜、自宅でhanamameの作品つくり、練習のお陰か何だか上達しているような気がしました(単純)。

次の日はあんこの狂犬病ワクチンを受けに市の指定場所へお散歩、春の陽気が気持ちいいですねぇ、
帰り道では最近できたスターバックスの屋外カフェへ、、
d0101724_1912184.jpg

がっつりケーキを狙っているあんこです。
[PR]
by hanamamet | 2012-04-09 20:33 | 木のマグ | Comments(2)

おいこみ! 新しいポットたち

d0101724_17492363.jpg

来週の「鬼子母 神手創り市」に向けて、ぶんぶん回してポットのフタ作っています。今週はフタの製作とポット用の木のスプーン作り。細かい作業を続けていると、大きな木の塊にノミを打ち込んだり、生木のボウルで豪快に削り屑を飛ばしたくなりますが、そこはじっと我慢。

d0101724_17495094.jpg

右から順に、ポットの大きさに合う材料を探して、ポットにハマる方の加工、次にひっくり返して、そのポットの雰囲気に合うように成型します。使うツールはガウジ二種類とスクレイパー二種です。その後はドリルで頭に穴を空け、彫刻刀とヤスリでフタの横にスプーン用の溝を彫り、木固めエースを染み込ませて乾燥させます。次はじゅんころにバトンタッチ、頭にくりんとした紐を付けて完成です。小さいけれど手間がかかった可愛いやつです。

d0101724_18114061.jpg

とは言え同じ仕事ばかりだと気分転換がしたくなるので、須田プロの端材で作った皿に紅茶染めを施してみました。よく砕いた紅茶葉にお湯を注ぎ、茶葉ごと揉むように摺り込みます。何度も重ねると味わいのある色になりますよ。

d0101724_18243332.jpg

先週末のお出かけあんこ。リュックに入るとおとなしく、そして悠々と高見の見物をしております。
前足の出し方がたまりません。
[PR]
by hanamamet | 2012-04-06 21:00 | 木のマグ | Comments(0)