<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今週のクラフト

先週末は大学時代の後輩らと、渋谷でちょっとした同窓会を行いましたよ。
強風の影響でダイヤが乱れ、駅構内は異常な混雑ぶり! あまりの人の多さに驚くやら疲れるやら、、 でも最近は都心で飲むことも少なかったし、頑張っている後輩や活気ある渋谷の街などに良い刺激をもらいました。

 さて、先週も空中デッキの続きを行いました。今回は擁壁側に梁を受ける基礎を作って梁を張ります、予定では今週で結構良いところまで行くはずだったんですが、、、

d0101724_1731961.jpg


まず、手前のコンクリート擁壁にステンレスのアンカーボルトを打ち込みましたよ。こちらに、木材を固定し奥に見える柱まで、約4mの梁を渡します。構造上重要な部分ですからね、この部分の作製に時間がかかってしまいましたよ。

d0101724_17581973.jpg


 次に、その梁を受ける柱の余分な部分を切断します、脚立に登ってノコギリで切断しています。しかし本当に堅い木材です、切り落とすに15分以上かかりました。

 今週の進展はここまで、一番右端の柱を挟みこむように2本の梁を張ったところで終了です。来週は残り2本の柱に同じように梁を張る予定です。だんだん全貌が見えて来ると楽しさも倍増ですよ。そろそろ小屋のデザインを考えなくてはなりませんね、折角のセルフビルドなので、お財布と相談しながら素敵な小屋にするぞ〜。

d0101724_1832051.jpg



さてさて、最近はデッキの話ばかりなので久々に日常作品の途中経過を紹介しようかな。

毎日ナイフ一本で少しずつ削りながら作っているんですが、最近ようやく椅子の足らしくなってきましたよ。でも、どのような座面にするかはまだ決めてませんのです。
妻が作っている木のスプーンもたまってきましたし(どんどん上達してます!)、
このまま数年間(一生)、この趣味が続いたら相当な作品がたまりそうですねぇ。

d0101724_18122252.jpg


 次に、これは即興で作った一輪車です。
ずーっと前から、敷地内の薪運び用に一輪車
が欲しかったのでつくりました。タイヤはホームセンターで950円、屋外で使うものなので、不格好ですがビスを沢山打ち込んでますよ。来週は防腐塗装で茶色に仕上げる予定です。ちなみにM男さんから頂いた木材も使ってますよ。M男さんありがとう〜

d0101724_18324211.jpg

[PR]
by hanamamet | 2008-02-25 18:40 | 小屋建築 | Comments(0)

デッキ製作日記

 栃木に行ってからもう一週間経ったとは、、、、時が経つのは早い早い。今週もあっという間かな? 

さて、すっきり晴れた先週末! こんな日は屋外活動に限りますね。2週間振りに空中デッキの作業を開始しましたよ。

d0101724_14272265.jpg

 先ずは、養生していた基礎コンクリートを埋め立てます。突き固めながら下段の大きなコンクリート塊は完全に土の中へ、上段の四角い部分は地上に出します。写真はもう半分以上埋めております。本格的なコンクリート作りは始めてでしたが、型に入れたらポンッと意のままの型のコンクリートができるので結構面白い作業でしたよ。

d0101724_16534435.jpg


 次に、基礎に埋めるウリン材の先端をこのように丸ノコで切断、段々丸ノコにも慣れてきましたよ。だけど油断は禁物、丸ノコ使う時は結構緊張します。

d0101724_1722286.jpg


 よいっしょっ、、と。 この柱すごーく重たいのです。ヒノキや杉なら4mでも楽々なのですが、ウリン材はアイアンウッドと呼ばれ 3m で 30 kg もあるんですよ。
ふ〜っ、疲れた。

d0101724_176518.jpg


 苦闘の末、柱三本と幕板を一枚張ることができました。本当はもう少し進めたかったけれど、材料も揃っていないので断念。

d0101724_1710106.jpg


こちらは正面から、柱と壁の幅は 3m 高さは 2m50cm あるので、大きな車でも右と左で 2 台と停める事が可能ですよ。 この計画が終ったら、駐車場には砂利を敷き詰めるつもりです。車には地面からの湿気が良くないそうですが、毎日乗って動かしているし、まぁいいでしょう。

来週にはもう少し型になるかな。小屋の基礎となる重要な部分ですから慎重に丈夫に作らないといけません。さてさて、どんな小屋にしようかな。折角だから今のお家に似合った小屋がいいですよね。うーん 妄想が膨らみます(笑)。だけど小屋の作製はボーナスがでてからかなやっぱり、、、、
[PR]
by hanamamet | 2008-02-18 19:23 | 小屋建築 | Comments(4)

クラフト in 栃木 2

 雪中焼き肉を終え、いよいよクラフト開始です。工房の先生は情熱にあふれた友人M男です(9/5の記事参照).
d0101724_1819278.jpg


じゅんころに革細工の指導をしているところです。M男さん見かけと違い繊細な作業が得意なんです(笑)。
オリジナルの革ベルトを目指して作業しております。

 一方、たっちは前回の訪問で作りかけたナイフ作りを進めておりますよ。
d0101724_18264470.jpg


ナイフ作りの工程を大雑把に言うと、一枚の鋼材にナイフの形を描き、その形に添ってボール盤(写真右)で穴をあけます。その穴と穴の間を金属用のノコギリで切断して、ナイフの外形を切り出します。切り出した外形をベルトサンダー(写真左)で整えて、
綺麗なナイフの形にする訳です。あとは専門店でナイフに焼きを入れてもらって固くします。ここまでくれば好みのハンドル材を取り付け、磨き上げて完成です。

 無心になって延々と削り続けるこの作業、ヤスリ一削りでは変化がなくても、何時間も削っていると着実に金属の表面が変化していくのです。
 テレビでも何でも、日常では情報がめまぐるしく供給されており、知らぬ間にその環境に慣れ、なんでも知っているような気になっちゃってます。 ナイフ作りのように、直ぐに目に見える結果は得られないけれど、難しいことでも、小さな変化を感じながらコツコツやってれば必ず素晴らしい結果と喜びが得られるさと、クラフトから教えられるような気がしましたよ。 大袈裟かも知れないけど、私達にとってはそんな気持ちかな。

 さぁ、二晩かけて作った作品です。先ずはベルトと定期入れですよ。
d0101724_19333160.jpg

 M男先生の指導のもと、妻も満足の可愛い作品が出来ましたよ。

 そして、ナイフです。二日間かけましたが、まだ途中です。今度は焼き入れをしてもらってハンドルを付ける作業ですね。
d0101724_19391683.jpg



違うクラフトの経験はきっと趣味の陶芸や木工にも生きるはず、M男さんのお陰で素晴らしい経験ができました。ほんとサンキュー!

今度は札幌で、キヨママ家族も一緒にクラフトしましょうね!!
[PR]
by hanamamet | 2008-02-13 19:51 | 高尾とクラフト生活 | Comments(4)

クラフト in 栃木

 週末は栃木に行ってきました。一つ目の目的は益子に行って優れた陶芸作品に触れる事です。
d0101724_18521429.jpg


 言わずと知れた(?)陶芸センターのシンボルタヌキです。この付近の道路にはそれぞれ個性豊かな陶器ショップが軒を並べております。一軒一軒入っては商品を手に取りあらゆる作品に触れてきました。一度にこんなに様々な陶器を見た事がなかったのでとても良い刺激になりましたよ。 

 一通り見終えた後、小さな疑問が湧きました。自称、陶器やクラフト好きの私達でも、何一つ商品を買ってないんです。若いお客も結構いましたが、結構そんな感じ。
ピピっときても異様に高かったり、安いんだけど、いまいちだったり、、。

 クラフト作品のような創造的な商品を見て、「これ良ーなー」と思う感情から「よし買おうっ」と言う感情にさせるファクターって何でしょう。 適正価格はもちろんですが、ありえない程高価な商品もありますもんね。ブランドや感性、価格等が複雑に絡み合った心理、そんな事を考えるのも面白いものでした。

 さて、陶芸を見た後はすぐ近くのカフェ「スターネット」へ向かいました。このカフェはお家関係のブログで知り合った友人のお勧めカフェです。お勧め通り、ばっちりはまりました(笑)お店の雰囲気も、料理も、店員も? すっかり気に入ってしまいましたよ!! 
 店内の様子を伝えたいところですが、写真禁なので載せることは出来ませんね、でもこの薪ストーブくらいなら良いでしょう。
d0101724_19381132.jpg

このような薪ストーブがまったく不自然なく存在しているそんなお店でした。
 
 お昼も済ませ、次に向かったのが友人宅です。旅の二つ目の目的(いや最大の目的)は、友人に会って、将来への妄想をしながら夜な夜なクラフトに興じる事でした。

 腹が減ってはクラフトも出来ません。と言う事で、 大雪降りしきる中で焼き肉大会をしましたよ。始めから真冬の焼き肉は計画していたのですが、大雪は計算外(笑)
d0101724_1945684.jpg


 過酷な中での焼き肉でしたが、厳しい寒さに耐えながら肉片や骨を噛み締めると、ただ美味しいと言う感情だけでなく、どこか野性的な気分にもなりましたよ。
さぁ、元気も出たし、夜の部はクラフト開始です!!
[PR]
by hanamamet | 2008-02-12 19:50 | 高尾とクラフト生活 | Comments(0)

まえむきでいこう

 週末の東京は雪に見舞われ大騒ぎでした。休日だったので被害は押さえられたようですが、さすがに15 cmも積もると、各家庭で雪かきや融雪剤撒きに大童ですよ。
 雪国の私達からすると、日中には溶けちゃうし、最低限の雪かきで十分でした、ところが回りのお家と比べると、雪が敷地一面に積もっていて、まるで無精者の家みたい、、(笑)

d0101724_16241270.jpg
d0101724_16243668.jpg


 一枚目の写真、日曜日はこんなに雪が積もりました。雪が積もった薪棚の写真は何とも言えず良い感じがしませんか? この写真を見たら何故だか急に温泉に入りたくなりましたよ。

 二枚目の写真は、うちの新しいシンボル?直径40cmはありそうなダクラスファー(米松)の丸太を積み重ねたものです。1個6キロくらいはありそうですよ。余りに立派なので薪にするより椅子でも作ろうかな。でもまだ未乾燥なのでこのように積み重ねて乾燥させているのです。、こんな立派な丸太で作ったログハウスに住みたいものですね〜。

 さて、話が前後しますが、土曜日は空中デッキの続きを行いました。こんな感じで木枠をし、そこに生コンを流していきます。土に埋めるので型枠高さの7割くらいまでコンクリートを入れるのですが、右のトロ舟で軽く三倍分!自分で作っていても安心感のある基礎ができそうですよ。
d0101724_17242135.jpg


 さっき述べたように翌日日曜日は大雪のため作業ができず、今週は三個分のコンクリートを練って型に詰めて終了でした。来週も諸事情で作業ができないから、約2週間は養生できます。しっかり固まって下さいな。 

そんな訳で午前中がぽっかりと空いてしまった日曜日。この日の午後はお客さんが来る予定だったので空いた時間を利用して土間に簡易応接セットを作りました。

d0101724_182378.jpg


d0101724_1835469.jpg


 こんな感じです。土間に転がっている(作品になる日を待っている)端材を積み上げただけのものですが、思いの他いい感じになりましたよ。  

 中でも窓側の丸太ベンチは、なかなかのお気に入りです。ベンチと言うより床に座ると丁度良い背もたれになるんです。ここでお客さんを迎え、雪と炎を見ながらお酒を傾けましたよ。毎日過ごしている空間ですが、この日はいつもより山小屋に居る気分でしたなぁ。

 改めて言うのも変ですが、こんなことが楽しめるようになったのはビッグフットに出会ったことが大きいですよ。色々と問題もあるけど、良い意味で普通じゃないハウスメーカーです。もしも、次にお家を建てる機会があっても、、、いや、その時はセルフビルド、自分の力で建てたいなぁ(笑)。

さぁ、有意義な週末も過ごしましたし、また忙しい一週間の始まりです。
[PR]
by hanamamet | 2008-02-04 18:50 | ファントム生活 | Comments(0)