<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

三月最終日

いよいよ明日から新学期?ですね〜。明日からはJRも混雑するのかな? それにしても三月も終わりと言うのにまだまだ寒い日が続いております。もちろん昼間はジャンパーもいらないほどの陽気なのですが、ここ高尾の夜は薪ストーブのお世話になる日々です。薪ストーブを導入してからというもの、冬を待ちながら薪を集めたりとストーブを手入れしたりするもんで、楽しみが一年中続きます。殆どのストーブユーザーと同じように、いつ薪が手に入らなくなるかと思うと不安で不安で、来年分は大丈夫と思いながらもせっせと集めてしまいます。そんなふうに、生の丸太に触れる機会が増えると、木工としての生木に驚かされることが沢山ありました。例えば、生木が水分を含んでいることは教科書を読んで知っていても、実際に切り出したばかりのミズナラをパカーンと割り、その断面に手を触れると手のひらがびっしょり濡れる程の「水」を感じます。ホームセンターの乾燥材しか知らなかった自分にとっては木材は木であり生命体であった事実を改めて勉強した瞬間でした。また、断面がピンク色可愛い木があったのでコースターにしようと輪切りして置いておいたら、数日後、どら焼きの片側のように中心が膨れ上がってびっくり! これじゃコースターにならんと諦め、何となく裏返して放置していたら嘘みたいに平面に元通り。木材は乾燥させる、含水率は何パーセント、板材は暴れる等等知ってはいる事ですが、命半ば虚しく輪切りにされた木片が、生き物であったことを主張するように身をよじり変形していく様子には感心させられました。そんな生木の性質を利用してうつわを作っている人々は結構いらっしゃるのですが、先日、アートの世界ではたぶん有名人?の作品展がミッドタウンであったので行って来ました。

d0101724_19142954.jpg

(写真のうつわは木ではなく、これまた女性陶芸家ルーシーリーさんの作品です)

展示会は陶芸がメイン、そのうち一人のアーティストが木のうつわでした。
生木で削りだし、乾燥工程で生じるゆがみを味わうといったもの。圧巻なのは50-60キロはある木の塊を回し、形を削りだすその作業工程。木の魅力について語る彼の言葉に納得しつつ、表現方法の自由さに感心した日でした。

d0101724_19253876.jpg

そんな興奮さめやらぬ夜はお家でクラフト、クラフト、研ぎ直したカンナでまな板を削っておりますよ。ちなみにこのカンナ、ホームセンターで400円の一枚刃、手入れすれば結構使えるもんですね。二階では同じように並々ならぬ興奮を覚えた妻がろくろをクルクル回しております。
来週にはついに電気窯到着!!
[PR]
by hanamamet | 2009-03-31 19:30 | 高尾とクラフト生活 | Comments(0)

できた〜

栗のうつわが出来ました〜! 生丸太の輪切りを使ってくりぬいたので、乾燥によるヒビの心配をしながらドキドキの作業です。 一日20〜30分で一週間はかかりましたかね。
d0101724_14465054.jpg

d0101724_1447439.jpg


もともとお皿を作るための木取りじゃなかったので、ちょっと底薄の仕上がり、うらはこんな感じ、手で触るところはスベッスベにしましたよ。

d0101724_14485381.jpg


さて、先週は札幌のM男から、お正月につくったドーローナイフが焼き入れを終え、東京におくられてきました。 さっそくハンドル作りです
d0101724_14504059.jpg


ハードウッドで重々しく重厚なハンドルにしようか、ヒノキで軽やかに仕上げようか、迷って末に、両方の素材で作ることに、
d0101724_17291083.jpg


そしてこんな感じに完成です。ハンドルにはアルミピンでトレードマークの三ツ星をかしめました。 まだ刃はつけてませんが、これで丸太の皮を剥いたり、荒削りに使う予定。
楽しみ!
[PR]
by hanamamet | 2009-03-13 17:33 | 高尾とクラフト生活 | Comments(0)

もくもくこつこつ

まだまだ寒いけど日中は春めいてきましたよ。
d0101724_23122596.jpg


薪集めのとき芽吹いた桜の小枝があったので、部屋で暖めております。1週間は経ったかな、もう少しで開花しそうです!! がんばれ~。

さて、二週間前から作成していた木のしおりがやっと、出来ました。
d0101724_23133889.jpg


バンドソーで薄~く切断し、一枚一枚表面を磨いたものです。二年間一緒に頑張った人達へのプレゼント。お金はかかってないけど気持ちはこもっているぞ。クラフト品のプレゼントは気持ちの押し売りにならないように、軽い気持ちでプレゼントしないとね。

最近の日常、ウィークデイは仕事に没頭し、就寝前の一時間クラフトで脳内をリセット、週末は明るいうちに薪作りや庭いじり、そして夕方からクラフトって感じの毎日です。
派手さは無いけれど、なんでもないこのサイクルを維持し続けるするってことは意外と根気のいることです。ふわふわ流されてばかりだと、家族との時間は無くなるし、仕事もクラフトも能率が上がらなくなる感じ、さしずめ木工は自分にとって、仕事と家庭を両立するアンカーみたいなものかしら。
 最近のモクモク作業は木の器つくり、
d0101724_23164357.jpg


d0101724_23174574.jpg

薪作りのとき、手頃な木を木取りしては乾燥させております。輪切りにしておいた栗の木がいい感じに乾いて来たので、器を彫り出しているところ。ホームセンターで格安の作業台を補強して、馬乗りになってノミを叩いております。単調な作業だけど頭の中はフル回転、だけど無心。そんな一週間を今週も。
[PR]
by hanamamet | 2009-03-02 23:24 | 高尾とクラフト生活 | Comments(0)