<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

グリーンウッドワーキング

d0101724_19515398.jpg

良く晴れた週末、今回は久々に生木木工をやりましょう、 手頃な大きさのヒノキが手に入ったので、これからゆっくりとシェービングホースを作ってみたいと思います。
先ずは皮むき、もちろんM男さん工房で作成したドローナイフが大活躍。
生のヒノキは水をたっぷり含んでいて、水がほとばしるほど! まさに生き物です。
d0101724_9543159.jpg


さあ、一皮むけて美しい木肌が見えました。大体20kgぐらいの丸太です。立派なものでしょう。こんな丸太が不要なものとして山の中には沢山、捨てられております。建築材にするには1、2本あっても仕方ないし、ガス電気が普及した今は、山から下ろすほうがお金がかかります。
運良くもらえたこれらの間伐材は木工の他、薪ストーブの燃料にしますよ。リンクさせていただいているゴマタマさんも言うように、しっかり乾燥させていれば、杉・ヒノキもOK! 私達もそう思います。大切な資源ですからしっかり活用させていただきます。

d0101724_108972.jpg

次は胴体のところで半分にパカッと割ります。水分たっぷりなので、マグロの解体をしている気分。斧やのみで、大まかに形をつくり、今週は終了です。その間に程よく乾いてくれる事でしょう。
庭先は木屑とヒノキの香りで一杯、幸せに包まれる一時ですが、庭でニヤニヤしていたら、ご近所からついに頭おかしくなったと思われちゃいますので、表情は厳しくしよっと。

実をいうと杉ヒノキって、木工ではちょっと敬遠してたんですが、フナさんのランプシェードの見事さに驚き、見る目を変えたんです。それで杉の赤身部分でエスプレッソカップをつくり、オイルを塗ったところ、驚きの色合いに!
d0101724_10362191.jpg

左が未処理、右がクルミオイルを塗ったもの、オイルを塗っただけでこんなに重厚な色合いになるとは面白い。奥が深いなぁ。
[PR]
by hanamamet | 2010-02-24 10:39 | 高尾とクラフト生活 | Comments(4)

つながり

こんばんはたっちです。じゅんころがご紹介した沖原さんの竹カトラリー、本当に素敵でした〜。
まさに人柄を映したような作品です。同じ用を足すだけなら100円均一に行けば豊富でカラフルな物が一杯あるけれど、そういうものとは違って、作り手が見えるから買いたいと思うし大事にもする。そんな物が身の回りに増え始めてくると、なんだか生活が充実してくるから不思議です。
そんな沖原さんとのつながりでもある、長野さんの工房でヒントを得て毎年ハマっているのが、ストーブベーコンです。
d0101724_1931462.jpg


本格的な生ベーコンは薫製よりも長期間マイルドな乾燥が大事なので、どうしても家庭で作るのは難しいものなのですが、薪ストーブの上なら乾燥に適した温度を簡単に得られるのですよ。このようにして数時間乾燥させては冷蔵庫で休ませ、時々薫製して、という工程を一週間程繰り返してつくります。
冬が楽しみになる保存食(すぐ食べちゃうけど)の一つです。

つながりといえば、M 男さんがエアーコンプレッサーを贈ってくれました。
↓こんなの
d0101724_19452196.jpg


いやぁ、とても欲しかったんですこれ。木工では屑を吹き飛ばしたり、陶芸では釉薬を吹き付けたり、タイヤの空気をいれたりと大活躍してくれる便利ツールですが、なにせ、爆音がネックで購入をためらっていた品物です。

贈ってくれたからには活用しなくてはと、かねてから構想していた防音計画を実行です。
計画済みだったのであとは材料を購入するだけ
d0101724_19472861.jpg

空中デッキ下のコンクリート壁を利用し、4方をコンクリートブロックで囲み、上部は枕木のような重い木材でフタをします。 エアーホースをにゅるにゅる伸ばして
d0101724_19512217.jpg


上の小屋までひっぱりました。おやっ、こうやってみると二階建ての工房みたい、そう考えると結構贅沢ですね。
d0101724_200599.jpg


未整備ですが、とりあえずエアーガンをぶら下げてみました。これで青空木工がより楽しくなりそうです。M男さんありがと〜
[PR]
by hanamamet | 2010-02-17 20:02 | 高尾とクラフト生活 | Comments(0)

クラフト〜

なかなか春の気配がしてこない高尾です。
花粉症のじゅんころにとっては、ありがたいような・・でも寒い!

先週末は、ずーっと楽しみにしていた沖原沙耶さんという方の竹のカトラリー展に行ってきました。
沙耶さんは、山梨で田畑をしたり、ガスのない生活をしているとっても逞しく、でも何とも言えない雰囲気のあるとても素敵な方なのです。
ブログにも何度か登場している長野さんの工房展で出会い、近づかせていただきました(^^)
展示は、ルヴァンというパン屋さんのカフェで行っていました。
こんな素敵な感じです。
d0101724_1922837.jpg

カフェのナチュラルな感じと沙耶さんの素敵なカトラリーとそして、着物を着て凛と素敵な沙耶さんにとても癒され帰って参りました。
ずっと欲しかった竹のヘラと、じゅんころの器で勝手にコラボ?しました(^^)
d0101724_18495014.jpg


さてさてさて、お友達の結婚式に向け、ウェルカムボードも作成中なのですが、式場で一輪挿しを飾らせてもらえるということで、張り切って作っております。
結婚らしく、白一色なのですが、今のところこんな感じです。
d0101724_18541185.jpg

うーん、素敵に作りたいと思うとなかなか難しい・・
でも気持ちはてんこもりです(^^)
[PR]
by hanamamet | 2010-02-16 18:56 | 高尾とクラフト生活 | Comments(0)

結婚式・・

じゅんころです。

寒くなったり、暑くなったり、また寒くなったり、変なお天気ですね。。
春の気分になったり、冬の気分になったり、忙しいです(^^)

先日は大学時代のお友達の結婚式がありました。
じゅんころの大学は畜産学科といって、牧場で牛とたわむれたり、豚さんを飼育してハムやソーセージにしたり、まさに畜産を学ぶところです。
そんな時代を一緒に過ごした友人たちはなんだか、みんな素朴で一緒にいてとても安心感があるし、家族のような温かな感じがします。
社会人になった今でもまた集まるとまたあの頃に戻れる・・じゅんころにとっては本当に大切な存在なのです。
こんな想いを改めて感じさせてくれる本当に素敵な結婚式だったのです。

結婚式ネタが続きます・・
またまた大切なお友達が結婚します☆☆
前々回のブログにもありましたが、今、大好きなお二人にウェルカムボード作成中なのです!!
じゅんころは油絵に挑戦!!二人が飼っているわんこちゃんを描きました〜!
じゃじゃん!!
d0101724_19151780.jpg

この絵がタッチ作成中の木のボードとどうなってしまうのでしょうか〜!
うふふ。お楽しみに〜♪♪

毎日心をこめた作品作りが続いております・・(^^)
おかげで仕事中は・・たまに意識が飛んでおります(笑)
[PR]
by hanamamet | 2010-02-10 19:19 | 高尾とクラフト生活 | Comments(0)

初体験!

こんばんは。先週は寒い一週間でしたね。ここ高尾の自宅では一週間も庭の雪が溶けてません。
もちろん絶対的な気温は札幌の方が断然寒いのですが、東京の空っ風は肌身にしみるような寒さなんです。こんな寒い日は薪ストーブが大活躍、昨年一生懸命集めた薪もドンドン減って行くので薪集めは欠かせません。
そんな時、「間伐を手伝ってくれますか」との嬉しいお誘いがありました。
これまで、さんざん丸太を切りましたが立木を倒すのは始めて! これは興奮です。

d0101724_18504388.jpg

山の持ち主(右);ほれ、ここを斜めに切って。
たっち(左);ほほう、こうですね。

d0101724_18512230.jpg


倒す方向を確認しながら、慎重に切り進めます。地面から生えた木を切るのは、材木を切るのとは違い、生物を切っている感触。自然と感謝の心が沸き上がります。

切口がメキメキ音をならし、ゆっくりバターン!!と倒れる様子は正に迫力満点。ムービーを撮っていたじゅんころは、叫び声を上げ、倒れて行く方向とは違う方向に逃げて行くほど(笑)の迫力です。
切り終わった株に、日本酒を注ぎ、感謝のお清めを行いました。普段の木工とは違う何とも言えない気持ちと充実感を味わう事が出来ました。

d0101724_190408.jpg

倒した木とは違うものですが、本日の収穫、ヒノキの丸太軽トラ一杯分です。
薪だけにするにはもったいない、グリーンウッドクラフトで使うシャービングホースでもつくろうかなぁ。

d0101724_194574.jpg

最近、取り組んでいる作品です。結婚式用のウェルカムボード、さてさてどんな仕上がりになるかなー
[PR]
by hanamamet | 2010-02-08 19:13 | 高尾とクラフト生活 | Comments(0)