<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第50回日本クラフト展

第50回クラフト展の案内が届きました〜!
d0101724_21575722.jpg

3/5(土)-13(日)AM11:00-PM8:00(最終日はPM4:00まで)丸ビル7階で開催されます!
じゅんころもこれまでに行ったことがないので、どんな展示かとても楽しみです〜!
そして、自分の作品が並ぶのも、恐ろしくもあり(笑)楽しみです♪

それから、3/5-6には東京国際フォーラムで、「現代工芸アートフェア」が行われます。
こちらは、日本を代表する工芸作家さんが競演するアートフェアなのですが、じゅんころの陶芸教室の先生でもあります保立剛先生も出展します〜!
そして、じゅんころはアートフェアのお手伝いをさせていただくのですよ。
素晴らしい作家さんの作品に囲まれてお手伝いが出来るということで、とても楽しみにしているのです〜!!実際にどんなお手伝いをするのかはまだわかりませんが・・(^^)
こういった機会をいただけて、感謝ですね。

お時間あれば、是非お立ち寄り下さい〜!!

↓こちらもよろしくです〜(^^)
あんこのふがふが日和
[PR]
by hanamamet | 2011-02-20 22:13 | 陶器 | Comments(4)

Aさん

じゃ〜ん!
d0101724_21392632.jpg

たっちがニワトリ小屋作りをお手伝いしたAさんが、採れたて卵を持って来てくれました!
それも、有精卵です〜!
こんな寒いというのに、毎日卵を産んでくれるコッコちゃんたち、本当にありがたいですね。
美味しくいただきました〜(^^)
ありがとうございました!

そんな、Aさんが、我が家で木の器を体験していきました(^^)
d0101724_21433594.jpg

ノミをコンコンと叩いて彫っていく作業は、想像よりも大変だったらしく・・(^^)
後半は、器を押さえていた足が痛くなってヨレヨレになっておりました(笑)
あんこも心配しております・・(^^)
d0101724_21445962.jpg


ほりほり作業は、時間がかかるため続きはお家でやるそうです〜。
素敵な器になるといいな♪

↓こちらもよろしくです〜(^^)
あんこのふがふが日和
[PR]
by hanamamet | 2011-02-19 21:49 | 木工 | Comments(0)

木のマグの合間にpart 2

木のマグの仕上げ工程シリーズ。渋処理後の工程を紹介すると言いつつ、良い写真が撮れてないので、また別の木工話です。

[PR]
by hanamamet | 2011-02-09 19:00 | 木のマグ | Comments(0)

ふたもの

こんばんは。

高尾も寒さがだいぶ緩くなってきました。
今日は、春のような匂いがしていましたよ!
が、しかし・・花粉の気配もしてきました。。
じゅんころは高尾に引っ越してからすぐに花粉症を発症しました。
それも、たぶんかなり重度だと思われます。。かなり軽いと言われていた昨年でさえ結構苦しんでいたというのに、その5-10倍と言われる今年は、どうなることでしょう、、
はやく、病院にいけばいい話ではあるのですが・・(^^;)

さて、昨年から陶器で蓋物に挑戦していたのですが、本体と蓋をぴっちりと作るのがなかなか難しくて、いくつか作って放棄していたのですが・・(笑)
蓋はたっちに作ってもらおう!と閃きました(^^)
そして、出来た作品がこちら。
d0101724_17213973.jpg

陶器の大きさに成形するたっちは、大変かと思いますが・・
この組み合わせ、なかなか気に入りました〜!もっと完成度をあげることと、用途をしっかりと考えて作らなければなりませんが。
調味料入れ、お菓子入れなど、色々考えながら大きさや形を決めて行こうと思いますー。


↓こちらもよろしくです〜(^^)
あんこのふがふが日和
[PR]
by hanamamet | 2011-02-05 17:29 | 陶器 | Comments(3)

仕上の合間に(ナチュラルスツール)

木のマグは削るのも仕上げるのも作業の合間が多い作品です。とくに表面仕上の間は塗り込めた塗料の乾燥を待っては、塗り直しを繰り返し、1個あたり2週間はかかります。なのでその合間を見てはマグ以外の作品を作って遊んでいますよ。今回は柿渋の乾燥を待ちながら、ナチュラルスツールを作ってみました。
d0101724_1805899.jpg


グリーンウッドワーキング等のナチュラル木工の接合でよく使われる「丸ホゾ」、これが好きなんです私。でもいつもホゾ作りで時間がかかってしまうので、秘密道具を買ってしまいましたよ。
丸ホゾ作成用のテノンカッター! ドリル本体は2400円ですが、テノンカッター自体はドリルの○倍の値段、、高い! でも二年も我慢したから良しとしましょう(自己暗示)
d0101724_186468.jpg


座面の丸太の輪切りは2年前に木取りしておいて、小屋の中でじっくり乾燥させたもの。これをノミでホリホリ、無限にホリホリ、しています。

d0101724_18103066.jpg

ホゾの部分はこんな感じ、丸ホゾを貫通させてクサビで固定しております。まだテノンカッターに慣れなくて、不満な点もありますが、ナチュラル木工ということで細かところは目をつぶることに(笑)。

d0101724_18173533.jpg

それから、なんといっても今回楽しみにしてたのは、buni・decoさんに調達して頂いた、自然塗料のメジャー商品OSMOのオイルステインを使うことです! 思ったよりもねっとりとした質感に驚きつつ、OSMO初体験。ふむふむ、これはなかなか良いですね〜。これからしばらく家具の仕上げに活躍してくれそうですよ。

次回はマグの仕上げの続きです。
[PR]
by hanamamet | 2011-02-01 19:02 | 木工 | Comments(0)